コルナゴのエアロロードバイク「コンセプト」をDi2とボーラウルトラの組み合わせで最高の1台に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するスポーツバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

FACEBOOKでもご紹介していましたが、今回コルナゴのエアロロードバイクであるCONCEPT(コンセプト)の組付けを承りました。

コンセプトは1987年にフェラーリ社とのコラボレーションによって登場したモデルであり、カーボン製フレームに内蔵ケーブル、BB内装7段変速、油圧ブレーキ、サスペンションシートポストなど当時では考えられない最先端技術が集約されたモデルであったものの、量産には至らなかった経緯があります。

それから30年の時を経て誕生した現代型「コンセプト」は最新の空力技術を駆使しエアロロードバイクとして設計されています。また高い制動力を誇るダイレクトマウントブレーキ、専用エアロシートポストなど、タイムトライアルやトラアスロンでも十分対応できるポテンシャルを秘めています。

さらにペインティングのコルナゴの得意とするところです。C60などコルナゴ伝統のアートを描くパマ・ペイント社に委託し、ダウンチューブに描かれた迫力あるペイントは圧巻です。

シマノ・デュラエースR9150シリーズのアッセンブル

コルナゴと言えばカンパニョーロのグループセットをアッセンブルするユーザーさんが非常に多いですが、今回はエアロロードバイクということで、より操作性が高いDi2をチョイスされました。シマノ・デュラエースR9150です。

電動シフトのシェアではライバルメーカーの先を行くシマノ。同メーカーの最上級モデルのR9150はストレスフリーなギアチェンジとシンクロシフトなど電動だからこそできる多彩な機能が設けられています。

STIレバー、前後ディレイラー、バッテリーをの配線が全て集まるジャンクションB。

ビルトインバッテリーBT-DN110を使用することでシンクロシフトにも対応できる。

BBはクリスキングのセラミックを

コンセプトのBB規格はコルナゴ独自規格のスレッドフィット82.5。でもこの規格のBBはほぼ世にありません。そのためアダプタを装着することで、多数派のBB86に変換しています。

BB86になったことで、BBの選択肢が広がり、クリスキングのセラミックBBを装着できるようになりました。クリスキングはヘッドパーツやハブにも非常に高い精度を持って作られているアメリカンブランド。クリスキングのセラミックBBは専用工具を使い定期的にグリスアップも可能なので常にべストな状態でぺダリングができます。

スレッドフィット82.5にアダプターを装着することでBB86に変換できる。

CULTベアリングで高回転を実現ボーラウルトラ

ホイールはカンパニョーロのボーラウルトラ50。ボーラウルトラシリーズはカンパニョーロのロードホイールのフラッグシップモデルです。カーボンリムはもちろんのこと特筆すべき点はハブのベアリングです。こちらもBBと同じくセラミック製のベアリングを使用していますが、セラミックベアリングでも摩擦抵抗を限りなく抑えるために特殊加工したCULT(セラミック・アルティメット・レベル・テクノロジー)を採用しています。

セラミック・アルティメット・レベル・テクノロジーの略であるCULT。特殊加工によりグリスを一切必要としない。

このCULTベアリング、特にフロントホイールを軽く回すだけで、永遠に回転し続けるのには驚きです。また通常セラミックベアリングにも固着や焼き付き防止のためにグリスを塗りますが、CULTは特殊加工を施しているためグリスの必要がありません。

フレームセットからの組付け、随時承ります

VIKINGではロードバイクの組付け作業を随時承っています。フレーム、もしくはパーツのお持ち込みも歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

作業工賃:25,000円(税別)~ 
作業期間:約1週間

また、ロードバイク、MTB、ミニベロ、クロスバイク、シングルスピードなどジャンル問わずフルメンテナンス、オーバーホールを承りますので、お気軽にお問い合わせください。

最高の1台が完成しました。

Twitter:@viking1484
Facebook:Viking The Maintenance

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする