MAVICコスミックカーボンSLRホイール 特殊なカーボンスポークの修理とオーバーホール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するスポーツバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

こちらMAVICのディープホイールであるコスミックカーボンSLRの2011年モデルです。今回はこのコスミックカーボンSLRの前後オーバーホールとスポーク交換の作業をいただきました。

非常に特殊な構造コスミックカーボンSLR

コスミックカーボンSLRは非常に特殊な構造をした完組ホイールです。特にスポークはカーボン製で且つハブのフランジを通過しリムの対角線側に伸びていく構造です。

こちらがスポーク単体の画像です。一直線ではなく若干角度は付いていますが、両端にネジが切ってありここにニップルを装着します。

ハブフランジのプラスチックカバーを外すと中はこのようになっています。ほとんどのスポークはハブフランジからスタートしリムにたどり着きますが、コスミックカーボンSLRの場合はフランジは通過点ということになります。

今回のスポークを交換することになった理由が、スポークの破損です。

ドライブ側のスポークの先端に近い部分に筋が入り割れてきています。ただでさえデリケートなカーボンスポークですので、もちろん交換です。

新しいスポークにテンションをかけ、振れ取りを行い、完了です。金属製のスポークではないためテンションを高めていく際は細心の注意を払いながらの作業です。スポークの偏平部分を抑えながらニップルを占めていくのですが、この時に無理に力を入れたりするとスポークが曲がったり、最悪折れたり、リムの破損にもつながります。

ハブのグリスアップ等のオーバーホールも行い、スプロケットもピカピカです。

VIKINGでは常時MAVICの純正パーツのお取り扱いをしております。スポーク曲がりや折れ、ハブのラチェットパーツの交換など修理・メンテナンスさせていただきます。専門性の高い部分ですので、無理にDIYしようとせず、そんな時はご相談ください。

それでは。

Twitter:@viking1484
Facebook:Viking The Maintenance

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。