毎年1度は行いたいロードバイクのフルメンテナンス、オーバーホール常時受付中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するスポーツバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

私がユーザーさんに年に1度行ってほしい作業が、自転車のフルメンテナンス、もしくはオーバーホールです。これはロードバイクに限った話ではなく、MTB、シクロクロス、ミニベロ、クロスバイクなどすべてのスポーツ自転車におすすめしています。

今回は自転車に乗れる機会が減るオフシーズンだからこそ、VIKING the MAINTENANCEがおすすめするロードバイクのフルメンテナンス、オーバーホールの作業内容をご紹介しようと思います。

Sponsered Link


フルメンテナンス、オーバーホールなら「Cメンテナンス」

一般的にフルメンテナンスとオーバーホールの違いは定義されていませんが、私は同じ意味で使っています。私が考えているフルメンテナンス、オーバーホールは、できる限り購入した時と同じレベルの性能に回復させることです。もしくは、さらにカスタマイズをすることで、購入時よりも高いパフォーマンスが得られるようにご案内することです。

VIKING the MAINTENANCEではフルメンテナンス、オーバーホールを「Cメンテナンス」と称してご案内しています。料金はギアの有り無し、自転車のジャンルによって変わってきますが、

Cコース【フルメンテナンス、オーバーホール】25,000円(税別、部品代別途)

で承っています。ちなみに基本的なロードバイク完成車は税別30,000円で行っています。

VIKINGではほかにも基本的なメンテナンスのみ行う「Aメンテナンス」やワイヤーケーブル交換をセットにした「Bメンテナンス」もご用意しています。A,Bそれぞれのメンテナンスに関しては以下の関連記事をどうぞ。

関連記事:自転車のメンテナンス 予算に合わせた3つのコースとは?

では、そのCコースは具体的にどんな作業を行うかご紹介していきます。

1.フレーム、フォーク、パーツをすべて分解

dsc_2848

購入時と同じ性能に回復させるためには、まずフレームに取り付けられているパーツをすべて取外し、分解する必要があります。ホイール、ワイヤーケーブルはもちろんのこと、ギア周りのパーツであるコンポーネントをはじめロードバイクに取り付けられているパーツをすべて単体にしていきます。

dsc_3101

BBなど専用工具が必要な場所もあり、丁寧に取り外していきます。BBはぺダリングをする上で重要な回転パーツです。最近のBBはフレームの形状や素材によって様々なタイプが存在しています。そのあたりの規格も把握しながら、どのような方法が性能アップにつながるかなどカスタマイズ案を考えながら取り外します。

またロードバイク系の自転車だけでなく、MTBのオーバーホールも承ります。

MTBのオーバーホールも行います。フルサスペンションは全て分割します。

2.パーツ、コンポーネントを洗浄し磨き上げる

dsc_2797

次に分解したパーツを洗浄し、磨き上げていく作業です。時に油汚れが目立つスプロケットには専用のクリーナーを使用して、脱脂、クリーニングします。クランクやチェーンリングなども油汚れが溜まりやすい部分です。これらもアルコール系の洗浄剤を使用しクリーニングをしていきます。

dsc_2997

BBを取り外した部分には、同じくアルコール系のクリーナーで洗浄し、新しいBBもしくは再度同じBBがスムーズに取り付けられるように、固着防止のグリスを塗ります。

dsc_1738

こちらはカンパニョーロのコンポーネントをを分解し、洗浄後の画像です。クリーニングをすることでここまできれいによみがえります。分解時の汚れや錆が激しい場合はさらにネジ1本1本まで分解し洗浄します。

錆びているネジは、極力新品に交換します。これも購入時の性能に回復させるための1つの方法です。

q

またフルメンテナンス、オーバーホールの際に、リアディレイラーのプーリー(歯車)を回転性能が良いものにカスタムすることもおすすめしています。回転数が上がることは摩擦抵抗を抑えられるということなので、長時間ライドの疲労軽減や長期的なスピードアップにもつながります。特にロードバイクユーザーにおすすめをしているカスタマイズです。

例えばセラミック製のベアリングを使用したプーリーなどが摩擦抵抗抑制に効果があります。

3.ホイールの振れ取りとハブのグリスアップ

dsc_2866

足回り=ホイールのメンテナンスも行っていきます。まずはホイールの振れ取りを行い、縦横にブレがないか確認し、調整していきます。この際スポークが曲がっていたり、折れている場合は新品に交換します。

次に、ホイールバランスもチェックします。ホイールバランスは画像のようにリムにシール状のおもりを取り付けて、ホイール全体の重量バランスを調整します。

ホイールバランスがしっかり取れていないと、下り坂をはじめスピードが出たときに車体が暴れ、それをコントロールすることで疲労が蓄積しやすくなるのです。意外と対策されていないユーザーさんが多く、ショップでも重視しているところとそうでないところがあるようですが、自転車でもホイールバランスの調整は重要な部分です。

dsc_2865

ホイールの回転の中枢であるハブも分解洗浄し、グリスを塗ります。その際に使用するグリスは粘性の低いものを使用しています。粘性が高すぎるとベトベトすることと、それによって回転を妨げる場合があるからです。

最近は上記のようなシールドベアリングを使用しているホイールがほとんどですが、ビンテージの自転車や年季の入ったモデルは、ベアリングに鋼球を使用したものもあります。その場合は細かく分解して洗浄が可能です。

鋼球を使用したボールベアリングは細かく分解洗浄ができます。

4.フレーム、フォークのワックスコーティング

dsc_9976

コンポーネントやパーツの洗浄、磨き上げ、調整を行った後、フレームとフォークの汚れを落とし、専用のワックスでコーティングします。フレーム、フォークがきれいになるだけでも印象が変わりますよね。

さらにオーバーホールのタイミングで、フレームにガラスコーティングを施工するのをおすすめしています。フレームは普段なかなか裸にできませんから、オーバーホールのタイミングがばっちりなのです。

ガラスコーティングは自動車やオートバイにもよく行われる加工ですが、ロードバイクを始め自転車のフレームやパーツにも施工ができます。

ガラスコーティングのメリットとして、

・ガラスに覆われたような独特の艶感が手に入る
・汚れも付きにくく、汚れが付着してもほとんどの場合水洗いで落とすことが可能
・塗装面の3倍に硬化し、小傷の入りにくいフレームになる

主に以上3つのメリットがあるので、オーバーホールの際は是非検討してみてはいかがでしょうか。オーバーホール工賃の+4,000円(税別)でガラスコーティングの施工を行います。

5.フレーム、フォーク、パーツを再度組付け

dsc_2798

分解洗浄したコンポーネント、パーツを組み付けていきます。今回の作業で選んだカスタマイズパーツもこのタイミングで組み付けていきます。写真はシマノの電動式リアディレイラーであるDi2です。電動式コンポーネントの組付けメンテナンスももちろん可能ですよ。

MTBも一つひとつフレームを組み立てていきます。

6.ケーブル、ブレーキパッド等の消耗品の取付

dsc_0494

ブレーキパッドも基本的に交換を促しています。単純に減っていればもちろん交換ですが、減っていなくても、金属片が刺さっているケースがあり、リム面を傷つけてしまう可能性があるためです。

ロードバイクのブレーキパッドはカートリッジシューを採用しているタイプが多いので、ゴムの部分だけ交換します。アルミリム用のブレーキパッドとカーボンリム用は素材が異なっており、カーボン用の方がやや価格が割高です。

dsc_2878

全てのコンポーネント、パーツの取付が終了したら、シフト、ブレーキ両ケーブルを取り付けていきます。ワイヤーケーブルはフィーリングに関わってくる部分なので、より時間をかけて取付、調整を掛けていきます。フルメンテナンス、オーバーホールされた部品がベストな力を発揮するために、これらケーブルの調整の精度を上げることが非常に重要になってきます。

また、フッ素コーティングが施された高性能ケーブルもご用意しています。ディレイラーのプーリーと同じく、摩擦抵抗を軽減することで、ギア、ブレーキの動き、タッチが向上しストレスの少ない操作性が手に入ります。アウターケーブルのカラーも選ぶことができます。

完成、納車モデルの紹介

CANYON ULTIMATE CF SLX

コンポーネント:シマノ・アルテグラ6800
ホイール:MAVIC キシリウム・エリート(MAVICのロングセラーアルミモデル)
タイヤ:MAVIC イクシオン
◆ガラスコーティング施工

DE ROSA PLANET

コンポーネント:カンパニョーロ・ケンタウル10S
ホイール:カンパニョーロ・シャマル(カンパニョーロのアルミホイールの上位モデル)
タイヤ:コンチネンタル ゲータースキン チューブラー
◆ガラスコーティング施工

MERIDA SCULTURA

コンポーネント:シマノ・105 5800シリーズ

LITESPEED

コンポーネント:SRAM Red eTap ワイヤレスシフト(業界初のワイヤレスでギアチェンジを可能にしたSRAMの自信作)
ホイール:MAVIC コスミック プロカーボン エグザリット(エグザリット加工されたアルミリムとカーボンのハイブリットホイール)

CERVÉLO P2

コンポーネント:シマノ・アルテグラ 6700シリーズ バーエンドコントロール
ホイール:BOMA DEEP WHEEL

CANYON ULTIMATE CF MOVISTAR

コンポーネント:カンパニョーロ・コーラス11S(カーボン素材を多用し上位モデルに肉薄した作りを実現したモデル)
ホイール:カンパニョーロ・ユーラス

CINELLI WILLIN’

コンポーネント:カンパニョーロ・アテナ11S(カンパニョーロのミドルグレードで11速対応モデル)
ホイール:MAVIC コスミックカーボンSLRホイール

GIANT OCR3

コンポーネント:シマノ・105 5600シリーズ
ホイール:フルクラム レーシング7ホイール
タイヤ:コンチネンタル ウルトラスポーツタイヤ(ベーシックなトレーニング用タイヤ)

Brompton

コンポーネント:スターメーアーチャー内装5速、Brompton外装2速

BIANCHI NIRONE7

コンポーネント:シマノ・SORA 3500シリーズ

LOUIS GARNEAU LGS-SIX

コンポーネント:シマノ・ターニー7速

before

オーバーホールの料金と納期

主に上記の6つの工程で、作業を行います。これを弊社ではCメンテナンスと呼んでいます。毎日自転車に乗るユーザーには年に1度は行ってほしいと考えています。

作業料金は税別25,000円からとなり、消耗品等の補修パーツは別途いただいています。作業期間は1週間から10日ほどでお渡しいたします。作業料金は車種や仕様により異なりますので、ご不明な点等ありましたらお問い合わせください。お見積りも承っています。

作業工賃:25,000円(税別)~ 消耗品パーツ別途料金
作業期間:1週間から10日

ロードバイク、MTB、ミニベロ、クロスバイク、シングルスピードなどジャンル問わずフルメンテナンス、オーバーホールを承りますので、お気軽にお問い合わせください。

またメンテナンスに関して、こちらの記事も参考にしてみてください。フルメンテナンス、オーバーヒール以外にもメンテナンスコースを設けています。

関連記事:自転車のメンテナンス 予算に合わせた3つのコースとは?

関連記事:メンテナンス記事一覧

今シーズン活躍してくれた自転車を是非リフレッシュさせてあげませんか?

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。