MAVIC キシリウムプロカーボンSLチューブラーとイクシオンプロパワーリンクチューブラー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するスポーツバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

皆さんもご存じMAVICですが、その中でエンデューロ、ロングライド向きに投入されている往年の名作キシリウムシリーズ。今回訳あって新品状態のキシリウムプロカーボンSLチューブラーを修理をさせていただきました。

修理内容とは別にこのキシリウムプロカーボンSLチューブラーですが、さすがの軽さを誇っています。前後ペアで1,190グラムです(タイヤなし)。エンデューロ、ロングライドだけでなくヒルクライムにもかなりメリット高いホイールであることは間違いありません。

競合モデルより軽さで上をいくイクシオン

MAVICの主力モデルは基本的にホイールとタイヤがセットで販売されます。キシリウムポロカーボンSLチューブラーはフロントタイヤにイクシオンプログリップリンクチューブラー、リアにイクシオンプロパワーリンクチューブラーの前後で異なるタイヤが装着されます。フロントはグリップ力をリアは転がり抵抗の抑制に考えられた組み合わせです。

そのイクシオンプロ チューブラーが意外と良いです。乗り心地ではなくタイヤをはめた時の精度がです。MAVICのカーボンリムの精度もありかとは思いますが、このイクシオンプロ パワーリンク チューブラーはリムに非常にはめやすく、横ずれもほぼ起きずきれいにはまってくれます。

他のブランドのチューブラーの場合、全体的に真ん中に入っているかセンター確認を注意深く行うのですが、イクシオンプロ チューブラーはその必要がほとんどありません。まさにメカニックの気持ちを察してくれたタイヤです。

重量も25cにもかかわらず、270グラムと軽量です。コンチネンタルのコンペティションが280グラム、ヴィットリアのコルサが290グラムということを考えるとかなり軽量ですね。

ホイールを交換することは、数あるカスタムの中でも乗り心地やフィーリングが大きく変わります。良いホイールを使えばライドも楽しくなりますし、イベントやレースへのモチベーションにもつながりますね。

それでは。

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする