ロードバイクの空気入れにはコレ パナレーサー ワンタッチポンプ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するスポーツバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

自転車を持っているなら必ず必要なポンプのお話です。

ロードバイクの空気って入れにくいですよね?

ロードバイクをはじめとしたスポーツ自転車は主に仏式と言われる空気口(バルブ)を採用していることが多く、その仏式に対応している空気入れを使用する必要があります。しかし、仏式バルブはママチャリなどに採用される英式とは違って空気を入れる際にひと手間かかる場合があるんですよね。

pump-lever.JPG

仏式に対応している空気入れの種類によって、バルブへの空気入れの差し方が異なるため、初めて仏式に空気を入れるユーザーさんや女性のユーザーさんにとって使いにくいと思ったことでしょう。

空気入れをバルブに挿した時にレバーを上げるのが硬くてできない、ポンプを差したけど奥まで入っていなかったため抜けてしまったなど小さなトラブルをよく聞きます。エントリーのユーザーさんの空気入れ最大の関門がここなのではないでしょうか?

ワンタッチで仏式バルブに楽々フィット

そんな初めてのユーザーさんでも簡単に空気を入れることができる画期的な空気入れがパナレーサーから発売されています。

pana-onetatchパナレーサー ワンタッチポンプ(BFP-02AGEZ)
参考価格:税別4,700円

ワンタッチでバルブに取り付けができる、便利な口金を採用した空気入れです。取り付けはバルブに押し込むだけ、取り外しは反対側を押し込むだけと非常に簡単です。

pana

ゲージ下部にエアリリースボタンが付いており、空気圧の調整ができます。空気を入れすぎたときや微調整をするときに使用します。

pana-pomp-ケージの下の赤い部分が空気圧調整ボタン

仏式バルブに簡単にそれもワンタッチで空気入れができるなら、初めてのユーザーさんでも扱いやすいですよね?ワンタッチポンプはアルミ素材とプラスチックでできているので、非常に軽量です。車に自転車を積んで現地でツーリングするときやレース会場に持って行くのに便利かもしれません。

また、ワンタッチポンプの口金のみでも販売があるので、既存のポンプのホースの径とワンタッチポンプの口金が一致すればリーズナブルに対応できますね。

以下、パナレーサーワンタッチポンプの一連の使い方です。非常に簡単な手順で空気を入れることができるので非常におすすめです。

おすすめはメーカー小売価格で5,000円前後

5,000円前後の空気入れはショップスタッフも使うほどの安定した性能があり、バリエーションも多いのでおすすめの価格帯です。某通販サイトではかなり安く販売してるところも有るので良い買い物をするためにも販売価格は要チェックですね。

Facebookhttps://www.facebook.com/viking.the.maintenance/
Twitterhttps://twitter.com/viking1484
Instagramhttps://www.instagram.com/viking_the_maintenance/?hl=ja
google+https://plus.google.com/107384049358697726884?hl=ja

フェイスブック、ツイッター、インスタ、google+ 各種SNSも随時更新しています。ご興味ありましたら是非フォーローお待ちしてます!

それでは。

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。