シマノ純正クランクにおすすめ。回転性能も高いスギノ・コンバーターBB

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するスポーツバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

恐らくカーボンフレームの大多数は、プレスフィット(圧入型)のBBを採用していると思います。コンポーネントの乗せ換えやクランク交換時にBBも交換することは多々あると思います。

今回はプレスフィットBBの中でおすすめブランドのひとつであるスギノ製のBBを取り付けました。

スギノのプレスフィットBB(コンバーターBB)は基本的にクランクが24mmシャフトに対応したラインナップです。24mmシャフトはシマノ純正クランクと同じ太さということになります。様々なBB規格のフレームにシマノクランクを取り付ける際には、スギノの圧入式BBは非常に便利なアイテムです。

出典:スギノ

BBの規格は非常に多く、フレームメーカーによって採用するBB規格は様々です。画像上のようにシマノ純正クランクを装着する前提でこれだけのラインナップがスギノにはあります。

ガンメタ系のカラーが回転性能が高いセラミックベアリング仕様で、シルバーのアイテムがスチールベアリング仕様です。価格はセラミック仕様で16,000円前後、スチールベアリングで9,000円前後で、BB規格によって価格は異なります。

今回取り付けたBBはこちらBB30規格対応のBBです。スチールベアリング仕様をお選びいただきました。

フレームに圧入した状態がこちら。スギノのコンバーターBBは防塵防水性能が高く、基本的にメンテナンスフリーで使用ができます。シマノ純正クランクを取り付けるなら、シマノ純正BBにすれば?という意見もあるかもしれません。シマノ純正圧入式BBも防塵防水性能が高いですが、それによって回転が若干重く、スギノのように様々なBB規格に対応できていないのがデメリットなんです。

シマノ・デュラエースR9100のクランクを取り付けるとこのようになります。ドライブ側はクランクに隠れる形になるので、そこまでシルバーの部分は目立ちません。

回転性能も非常にスムーズでshimano純正よりも間違いなくおすすめできるBBです。

関連記事:バロックギアとプラクシスワークスのBBの取付カスタム@スペシャライズド

Twitter:@viking1484
Facebook:Viking The Maintenance

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。