CANYON(キャニオン) AEROAD CF SLX のメンテナンスとワイヤーケーブル調整

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するスポーツバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

今回はCANYON(キャニオン)のエアロロードバイクであるAEROAD CF SLX の作業をさせていただきました。作業の内容はフォークのコラムカットとワイヤーケーブルの長さ調整、そして全体的なメンテナンスです。

ハンドルポジションを下げ、コラムカット

このようにハンドルポジションを下げたことにより、フォークコラムが余ってしまいました。この余った部分を今回カットします。そのままでも走りに大きな支障はないのですが、見た目の美しさであったり、エアロロードバイクであるならば余計な部分は失くしておきたいところです。

このように若干の猶予を残しカットしました。コラムスペーサーなしの男気溢れるポジションも好きですが、調整幅は残しておくべきでしょう!

そして、ハンドル位置を下げたことで、ワイヤーケーブルの長さ調整も必要になってきます。

余ったワイヤーケーブルをカットして調整

最近のロードバイクはケーブル内蔵式が増え、作業がちょっと大変に感じることも…。このCANYON AEROADもケーブル内蔵式フレームで、リアディレイラーのワイヤーはダウンチューブに入って、次に顔を出すのは最後のリアエンドです。

バーテープから出てきたケーブルは、ヘッドチューブ横からダウンチューブに入り込んでいく

BB裏のワイヤーガイド。このガイドもCANYONのオリジナルパーツです。

リアエンドギリギリのところでケーブルが顔を出してきます。

このようにちょっと作業が大変なフレーム内蔵式ワイヤーですが、コラクカットをして余ってしまったケーブルの状態がこちらです。

シフト、ブレーキともに長さに余裕が出てしまっていますが、特にフロントブレーキケーブルが大きく余っています。これらのインナーワイヤーをすべて外し、アウターケーブルの余った部分をカットして調整します。

このように余分なケーブルをカットして長さを整えました。これですっきしりた気分でライドができますね。

それでは。

Twitter:@viking1484
Facebook:Viking The Maintenance

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。