コスパ重視のチューブラータイヤ コンチネンタル スプリンターゲータースキン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するロードバイクのメンテナンス、カスタマイズ専門店です。

ロードチューブレスも増えたことにより、新規でチューブラーホイールを選ぶユーザーさんは少なくなっていると思います。各社チューブラーのラインナップも大きく様変わりすることなく推移している模様。

そんな中でも既存のチューブラーユーザーさんはいるわけで、さらにレースに出るようなタイプではなくツーリングやロングライドを楽しむ方の方が今や多いと思います。

ただ難点として、高性能なチューブラータイヤはクリンチャーやチューブラータイヤの2本分くらいする高価格なものです。しかも1度でもパンクしてしまえば基本タイヤ交換となってしまいます。

前置きが長くなりましたが、コスパ重視(価格も抑えめ、耐パンク性、耐久性が高い)のチューブラータイヤがこちら。コンチネンタル・スプリンター・ゲータースキンです。

参考価格は1本税抜8,300円、22㎜と25㎜のラインナップです。

この「あみあみ」が耐パンク性、タイヤの寿命伸長に大きな効果及ぼします。さらに明確な理由がなくても安心感あるドイツ製。

他社と一線を画す雰囲気ですよね。バイクに装着すると全体的なイメージも結構変わったりします。
おもしろいですよ。

それでは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。