重量、強度、価格の高バランスなTPUチューブ バルビエリNXTが入荷、キャンペーンも

シェアする

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿をベースに展開するロードバイクのメンテナンス、オーバーホール、カスタマイズ専門店です。

数多くのブランドが参入し、ユーザーの選択肢が増え続けているTPU素材のインナーチューブ。TPU(熱可塑性ポリウレタン)とは柔軟性、耐久性、耐摩耗性が強い素材として医療機器や自動車部品など様々な分野で用いられており、自転車用チューブとして転用することで既存のブチルチューブに比べて軽量かつ高い強度を保つことができるため注目を集めていますね。

ただメーカー各社で価格にバラツキがあり、高価格帯のものに関してはチューブでこんなにお金をかけられないと感じるユーザーさんがいる反面、低価格で魅力的に感じるモデルがあったため試しに使ってみたら、強度不足ですぐにパンクしたり、中には最初から不良品が混じっていたなど散見するため、手を出しにくいイメージが出てきてしまっています。ちょっと残念。。。

今回はクリンチャーユーザーさんに向けて、そのような不安要素を取り除いてくれるTPUチューブが入荷しましたのでご紹介します。

バルビエリ NXT TPUチューブ

入荷したアイテムはイタリアのサイクルアクセサリーブランド「バルビエリ」が手掛けるTPUチューブ「NXT ROAD」。

バルビエリのTPUチューブはMADE IN ITALY!TPU素材にバルブを取り付けた後にエア漏れがないかチェックを行ったのちマーケットに出しているため品質は折り紙付き。この時点で不安要素激減です!さらに同社の突き刺しのパンクテストではブチル素材の2倍以上の強度を計測しています。安心だぁ。

重量比較ですが、一般的なブチルチューブ(700×25c)で約100gなので半分以上の軽量化。

薄さ、断面はこのようなイメージ。比べてみたところTUBOLITOのTUBO ROADとほぼ同等な薄さでした。

バルビエリ NXT ROAD価格とスペック

NXT/ROAD :700×23〜33C :45mm :45g :3,080円(税込)← 今回入荷!!
NXT/ROAD65 :700×23〜33C :65mm :45g :3,300円(税込)
NXT/ROAD75 :700×23〜33C :75mm :46g :3,520円(税込)← 今回入荷!!

※バルビエリ NXT ROADはリム、ディスク兼用モデルとなっています。

価格については私個人的な感覚として、高くもなく安くもなく、高性能チューブとして適正な価格に思えます。前述した通りあまりに安いと品質に不安を覚え、信頼性は高まりません。

バルビエリ NXT ROADとコンチネンタルのコラボキャンペーン

最後に今回紹介したバルビエリNXT ROADを是非装着してみたと思ったユーザーさんにお得なキャンペーンを用意しました。VIKING店内のコンチネンタルタイヤ(クリンチャー)とバルビエリNXT ROADを前後分同時購入いただいた場合、コンチネンタルタイヤを20%OFFにてご提供します!

価格シミュレーションしますと、

バルビエリNXT ROAD 45㎜ ×2ケ:6,160円
コンチネンタルGP5000 25c ×2ケ:22,000円 ⇒ 17,600円
合計:23,760円(税込)

オーバーホールやホイールメンテナンスをお考えのユーザーさんには良いタイミングかもしれません。取り付け工賃がかかりませんのでね。ご不明点ありましたらこちらまでお問い合わせください。

それでは~。

コメントの入力は終了しました。