ブロンプトンのオーバーホール&メンテナンス承ります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するスポーツバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

先日お預かりしたブロンプトンのT-TYPEのオーバーホールを取り上げます。おそらく購入後15年は経っているだろうUKメイドのフレームです。以前ブロンプトンはリーズナブルな台湾製モデルも生産していました。それと同時期のモデルだと思いますが、こちらは列記としたMade in England のモデルです。

各パーツを分解へ

まずは各パーツの状態をチェックしながら分解をはじめていきます。

チェーン、スプロケット部分

9

チェーンは自転車で一番汚れが目立つ部分と言っても過言ではありません。オーバーホールでは最終的に新しいチェーンに交換をし、スプロケットも光沢が戻るレベルまで磨き上げます。

クランク、チェーンリング部分

12

チェーン、スプロケットと同様にクランク部分も油汚れが目立つ箇所です。

BB部分

10

普段はクランクの陰に隠れて見えないのがBB部分。ブロンプトンのBBは純正から他社製で回転効率が高いものにカスタムすると、スピードアップにつながりおすすめです。

トップチューブ部分

11

ブロンプトンの折り畳みも気もとなる部分のトップチューブです。他社の折りたたみ自転車はこの部分の強度不足により破損するケースが見受けられますが、ブロンプトンはしっかり強度アップを測っているため安心できます。

ホイール部分

13

今回スポークが2本折れていたので交換です。

14

リアホイールはブロンプトンには欠かせない内装3段ハブ仕様となっています。内装ハブとはスポーツ自転車に多く採用される外装ギアと違い、ホイールの中心にあるハブの中にギアの歯車を組み込んで変速するシステムのことです。

その内装ハブを細かく分解し、洗浄、グリスアップを行います。

ケーブル類

15

シフトケーブル、ブレーキケーブル共に新品交換します。ブレーキアウターケーブルが裂けて内部が錆びてしまっています。

16

ブロンプトンT-TYPEはリアキャリアにダイナモライトが搭載されたモデル。ダイナモとはペダルをこぐ力を利用し発電させるシステムのことです。

時間が経つと配線の接触不良も出てきているので、今回は配線を新しいものに交換することに。

これらの汚れ、劣化部分を重点的にチェックし、分解すると以下のようになります。

17

ブロンプトンは他の自転車と違い、作業スタンドを使う際は逆さに固定すると作業がしやすいんです。実際、イングランドでの製造工程でもフレームを逆さにして組み付けを行っています。フレーム単体になるとMTBのようにも見えてきますね。

18

その後、ハンドル、ステム、フロントフォークとヘッドパーツも外していきます。

分解したパーツを洗浄へ

19

分解、洗浄した後のフロントフォーク。ヘッドパーツのグリスも古くなって固着していたので新たなグリスを塗りなおします。

21

内装ハブのベアリング、スポールパーツのパーツ構成です。一般的なスポーツバイクの外装ハブと違い、かなりがっちりとした作りです。内装ハブは一見頑丈そうに見えますが、ハブ内部に泥や雨水が入ると急に動きが悪くなったり、異音が出てきたりします。

そのためグリスをしっかり塗ることが重要で、防水、防塵に強い堅めのグリスを内部全体に塗り込みます。さらにハブを細かく分解し部品ひとつひとつに洗浄、グリスアップを施します。

※内装ハブを分解する場合は高度な知識を擁する部分なので、個人で作業しないことをおすすめします。

22

洗浄、グリスアップした内装ハブを再度組付けます。当初よりも大分きれいになっています。このタイミングで折れた部分のスポークを交換し、振れ取り作業を行います。

23

アルミ製のリムも多少の小傷は残りますが、光沢が復活しました。

24

フェンダーの裏も幸い大きな傷もなくここまできれいになりました。

全てのパーツの洗浄が終了し組付け後、最後に純正ケーブル、チェーン、ブレーキシューなどの消耗品を新品に交換し取り付けます。

オーバーホール完了

25

26

27

28

29

30

31

約15年間、大きなメンテナンスをしていなかったブロンプトンでもここまできれいに復活しました。やはりフレームとホイールがしっかりした自転車は半永久的に乗れるといっても過言ではありませんね。

折りたたみ自転車のデメリット部分として折り畳み部の強度不足、経年劣化があるのと、その部分が破損してしまうともう乗れないなんてこともあるのですが、ブロンプトンは強度が高いクロモリフレームを採用していることと、折り畳み部の強度、溶接がしっかりなされていることでその心配がありません。イギリスで1台1台しっかり組まれているというのも安心化につながっています!

オーバーホールの金額と納期のご案内

今回の作業は当社のオーバーホールプランであるCメンテナンスで作業させて頂きました。長年メンテナンスしてこなかったケースや、久しぶりに自転車引っ張り出そうとお考えの方、または毎日の通勤や定期的にレースに参戦している方など自転車をフル稼働させている方にもCメンテナンスはおすすめです。

工賃30,000円~、別途パーツ代で作業させて頂いております。納期はお見積り確定後、1週間ほどいただいております。

VIKING the MAINTENANCE ではブロンプトンの完成車の販売はしておりませんが、純正パーツ、カスタムパーツ等のお取り扱いはしておりますので、オーバーホールをはじめ、カスタマイズ等の相談は遠慮なくお申し付けください。パーツお持ち込みも歓迎です。逆に面白いパーツがあれば教えてほしいくらいです。

それでは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。