LOOK 795 BLADE RS 完全内装式フレームをシマノ・デュラエースDi2でカスタマイズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するロードバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

今回はカスタマイズのご紹介。モデルとなったバイクはLOOK 795 BLADE RSです。この完全内装式のフレームにシマノデュラエースDi2をアッセンブルしていきます。

バイクに装着されたDi2関連パーツは以下の通り。

1.リアディレイラー
2.フロントディレイラー
3.STIレバー
4.内臓バッテリー
5.ジャンクションA
6.ジャンクションB(4ポート)
7.ジャンクションB(2ポート)
8.ワイヤレスユニット

LOOK 795 BLADE RSはフレームの要所に以下のような穴があけられており、ケーブルやバッテリーなどの入口となります。

ジャンクションAを格納する部分

ジャンクションB(4ポート)はBB裏に格納

STIレバーから配線されたエレクトリックケーブルはステムとヘッドパーツの間のこの隙間からフレーム内へ送り込まれる

完全内装式フレームはコンポーネントのアッセンブルに高度な技術が必要とされていますが、LOOK 795 BLADE RSは技術力は必須であるものの、メンテナンス性が非常に高いため、個人的には組みやすい方かなと思います。

リアディレイラーにはRIDEAフルセラミックビッグプーリー「C38」もカスタム。

完成しました。ディスクブレーキ仕様になればさらにすっきりとした見た目になりますね、。今回はリムブレーキ仕様のためアウターケーブルが若干目立ってしまいました。

充電はダウンチューブに格納されたジャンクションAからコネクトケーブルを使用して行います。

フレームセットからの組み付け料金、納期

VIKINGではロードバイクの組み付け作業を随時承っています。フレーム、もしくはパーツのお持ち込みも歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

作業工賃:25,000円(税別)~ 
作業期間:1週間から10日

また、ロードバイク、MTB、ミニベロ、クロスバイク、シングルスピードなどジャンル問わずフルメンテナンス、オーバーホールを承りますので、お気軽にお問い合わせください。

それでは。

Twitter:@viking1484
Facebook:Viking The Maintenance

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。