Di2で操作性がより向上。キャノンデール シナプスをグラベルコンポカスタム。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するロードバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

今回はキャノンデール シナプスのアルミフレームをカスタム。オリジナルの仕様ではディスクブレーキではあるもののワイヤー引きのため不安がぬぐえず、コンポーネントの操作性の向上も望まれていたので油圧ブレーキのDi2をお選びいただきました。

さらに海外ツーリング時にグラベルロードや悪路を走る場合もあるとのことで、コンポーネントはシマノ・GRXでアッセンブルさせていただきました。

グラベルコンポーネント「GRX」とは

すでにご存じのユーザーさんが大半だと思いますが、シマノGRXとは2019年シマノが新たに立ち上げたグラベルコンポーネントのグレード名です。

ロードコンポーネントの単なる流用ではなく、グラベルライダーのためにゼロから設計したものです。

主な特徴として、

■グラベルに最適化されたSTIレバーデザイン

■グラベルに最適化されたコックピット

■チェーンの暴れを防ぐスタビライザーシステム

■FD周辺のワイドタイヤクリアランス

さらに以下の4つのシリーズに分類されています。

RX810シリーズ(機械式)・・・2/1 × 11スピード

RX815シリーズ(Di2)・・・2/1 × 11スピード

RX600シリーズ(機械式)・・・2/1 × 11スピード

RX400シリーズ(機械式)・・・2 × 10スピード

各シリーズの詳細についてはまた別の機会にご紹介するとして、今回はDi2でアッセンブルということはRX815シリーズをチョイスしています。

グラベルに最適化されたSTIレバーデザイン

今回装着したSTIレバー(ST-RX815)は過酷な長時間走行における疲労軽減を図るため、ブレーキレバー軸の位置をロードSTIレバーに比べて18㎜上部に設置。これによりブラケットのヘッド部分の位置が上昇し、ホールド感も高まる効果があります。またレバーに滑り止めコーティングを施し全体的なブレーキングの向上を実現しています。

RD-RX810リアディレイラー。ロー側は最大34Tのスプロケットまで使用可能。これはアルテグラや105のGSケージ同じ歯数です。また最大で42Tまで使用可能なMTBに近いモデル(RD-RX812)もGRXのラインナップに存在します。

ディスクブレーキキャリパーは2ピストン方式。これはデュラエースをはじめとしたロードコンポーネントのと同じスペックです。

ディスクローターは6穴式を採用したホイールだったため、ローターはシマノ純正ではなく制動力で定評のあるスイスストップを選択。

完成です。

ブラックとダークグレーが基調の車体となり、いくつかカラーをまぶして遊び心を加えてもよかったかもしれません。ただ一方でDi2コンポーネントとGRXの特性のおかげで操作性は格段に向上しています。海外ツーリング時のグラベルロードや悪路を走る際も安心感がさらに増していくことでしょう。

コンポーネント、グループセットの組み付け料金、納期

VIKINGではロードバイクのコンポーネント、グループセットの組み付けカスタムも随時承っています。フレーム、もしくはパーツのお持ち込みも承ります。お気軽にお問い合わせください。
作業工賃:25,000円(税別)~ 
作業期間:1週間から10日

作業工賃はフレームセットの仕様により幅が出てきます。例えばリムブレーキ、ディスクブレーキ、ケーブル完全内装式フレームで工賃が異なります。詳しくはお問い合わせください。

また、ロードバイク、ミニベロ、クロスバイク、シングルスピードのフルメンテナンス、オーバーホールを承りますので、こちらもお気軽にお問い合わせお待ちしております。

それでは。

Twitter:@viking1484
Facebook:Viking The Maintenance

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。