ビアンキ「INFINITO CV DISC」カウンターヴェイル搭載でロングライド向きの1台

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するロードバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

VIKINGでは正月ムードもすっかり消え、メンテナンス、カスタム、オーバーホールのいつもの流れが戻ってきました。ここ最近はオーバーホールのご要望が多く、寒い時期の特徴を感じますね。従来自転車屋さんは寒い時期にグッと売り上げが減ってしまう傾向にありますが、今はどうなのでしょうか?ほかのお店さんの状況はあまりよくわからないので気になる部分でもあります。

さて、2019年になりましたが、今回の話題は年末にお渡しさせていただいた1台をご紹介します。昨年かかわらせていただいた案件でまだ紹介できていないのがたくさんあるので、これからしばらくは2018年中の話題になるとことをお許しください。

ビアンキ INFINITO CV

今回組ませていただいたバイクは皆さんご存知イタリアの超老舗ビアンキの「INFINITO CV DISC」です。INFINITO シリーズはビアンキのロードバイクラインナップでもロングライド向きに位置し、CV(カウンターヴェイル)と呼ばれる素材を採用し、振動吸収性を高めた特徴があります。

ちょっと詳しく説明すると、カウンターヴェイルとは、振動を除去する他に類を見ない革新的なカーボン素材。マテリアル・サイエンス社と共同開発することで生まれたカウンターヴェイルシステムは、独自のカーボン繊維構造と粘弾性を持ち、フレームとフォークの剛性と強度を向上させながらも最大80%の振動を除去することができると言われています。

エラストマーなどのラバー素材やサスペンションを使用し衝撃吸収をするのではなく、カーボン素材そのものの振動吸収性を高めた画期的な素材ということ。しかもビアンキが特許を取得しているため、他のバイクメーカーにはまねできない素材というわけです。

このカウンターヴェイルはINFINITO CVだけではなく、ビアンキのフラッグシップ的な存在であるSPECIALISSIMAやOLTRE XR4にも採用され、今やビアンキの代名詞ともなっています。

メインパーツはカンパニョーロ

いまや完成車はすべてシマノがアッセンブルされていると言っても過言ではありません。逆にメインパーツにカンパニョーロを選ぶということはフレームから組付けるということになりますが、カンパニョーロには根強いファンがいます。今回のユーザーさんもそのひとり。

ディスクブレーキももちろんカンパニョーロ。オイルの充填方法もシマノやSRAMとほとんど手順は変わりません。そうはいっても油圧ディスクブレーキシステムはデリケートな部分なので、DIYよりはプロのメカニックに任せた方が安全です。

チェーンも「チェレステ」に合わせたKMCのDLCダイアモンドコーティングチェーン。

歴史を感じさせるビアンキのヘッドバッジ。

差し色のピンクがちょうどよいアクセントになっています。

今回はビアンキ INFINITO CV DISCを組ませていただきました。カウンターヴェイルを採用したロングライド向きの1台に仕上がったと思います。

フレームセットからの組付け、随時承ります

VIKINGではロードバイクの組付け作業を随時承っています。フレーム、もしくはパーツのお持ち込みも歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

作業工賃:25,000円(税別)~ 
作業期間:1週間から10日

また、ロードバイク、MTB、ミニベロ、クロスバイク、シングルスピードなどジャンル問わずフルメンテナンス、オーバーホールを承りますので、お気軽にお問い合わせください。

Twitter:@viking1484
Facebook:Viking The Maintenance

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。