TREKと言えばBB90。セラミックBBカスタムとガラスコーティング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するロードバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

今回はTREKのヒルクライム向き軽量フレームであるĒMONDA(エモンダ) SL6のカスタムです。まず目を引くのはワインレッドなフレームカラーですね。黒系のパーツと非常に相性ピッタリだと思います。

まずはある駆動系のパーツを取り外しクリーニング(Aメンテナンス)を行い、フレームはガラスコーティングを施工。

関連記事:DE ROSA(デローザ)IDOL(アイドル)のガラスコーティング。

BB周りは曲線が多いためガラスコーティングが非常に際立つ部分。シートチューブのUCIステッカーがダウンチューブに映り込むほどの滑らかさです。

 参考価格:税抜15,000円

使用したBBはこちら。スギノ製のセラミックBBです。BB90はTREK専用規格だけあり、BBの選択肢も非常に少ないのが実情です。しかしこのスギノ製のセラミックBBは回転性能もさることながら、防水性能も非常に高いためVIKINGでは積極的におすすめしています。

完成です。

コンポーネントはシマノ・アルテグラR8000シリーズ。ディスクブレーキに、チューブレスタイヤです。今後のロードバイクの新たな標準仕様です。

フレームセットからの組付け、随時承ります

VIKINGではロードバイクの組付け作業を随時承っています。フレーム、もしくはパーツのお持ち込みも歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

作業工賃:25,000円(税別)~ 
作業期間:1週間から10日

また、ロードバイク、MTB、ミニベロ、クロスバイク、シングルスピードなどジャンル問わずフルメンテナンス、オーバーホールを承りますので、お気軽にお問い合わせください。

Twitter:@viking1484
Facebook:Viking The Maintenance

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする