完璧なオールラウンドバイクへ進化 CANYON ENDURACE CF SLX

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿をベースに展開するロードバイクのメンテナンス、カスタマイズ専門店です。 

今回はVIKINGの人気サービスのひとつ、CANYON(キャニオン)組立サービスをご利用いただきENDURACE(エンデュレース) CF SLXを組立しました。

エンデュレースはCANYONの3つのロードバイクカテゴリーのひとつであり、ロングライドやグランフォンドをターゲットに開発されたモデル。エアロードSLXやアルティメットSLXが持つ尖った部分を丸くしたようなマイルド感あるイメージです。重量面でエアロードやアルティメットに劣っていましたが、SLXフレームの登場により十分な軽さも手に入り、完璧なオールラウンドバイクに進化したように思えてなりません。

それでは詳しく見てきましょう。

Endurace CF SLX 9 Di2

メインコンポーネントはシマノデュラエースR9200。

クランクが非デュラエースであり、ROTOR ALDHUのパワーメーターがアッセンブルされます。BBはシマノ純正でしたが、今回セラミックBBにアップグレードしています。

ホイールはDT SWISS ERC1100 Dicut。タイヤはシュワルベワンTLE。入荷時はクリンチャー仕様となっていますが、組立の際にチューブレス化しています。

サドルはフィジークのANTARES VERSUS EVO R1 ADAPTIVE

バーテープはVIKINGでおなじみシクロベーションのスチームパンクシリーズを。

CANYON組み立てサービス 随時受付中

VIKINGではCANYONの新車組み立て、その後のメンテナンス、カスタムなど、CANYONに関連した様々なサービスを行っています。新車組み立てに関しての詳しい記事がこちらです。是非ご覧ください。

ネット販売のCANYON(キャニオン)のロードバイクの新車組み立て、カスタム、メンテナンス承ります。

それでは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。