CANYON組み立てサービス。今回はホイールカスタムも含めた「GRAIL CF SL」を組み立て。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するロードバイクのメンテナンス、カスタマイズ専門店です。

今回はCANYON(キャニオン)のグラベルバイクである「GRAIL CF SL」を組ませていただきました。VIKINGの人気サービスであるCANYON組み立てサービスをご利用いただきました。※CANYON組み立てサービスについていは以下のリンクをご覧ください。

リンク:ネット販売のCANYON(キャニオン) 全ラインナップの組立て、メンテナンス承ります。

コンポーネントはSRAM FORCE eTAP AXS HRDとEAGLEのミックスすることでグラベルコンポーネントを形成。

もちろんフロントシングル仕様です。

GRAILと言えばこのハンドルバー「CP07 Gravelcockpit CF」。CANYONも思い切ったことを考えましたが、もしかしたら数年後のグラベル用ハンドルはこの形がスタンダードになっているのかもしれませんね。

オリジナルの仕様では40cのグラベル用タイヤが装着されますが、今回舗装路のロングライドに比重を置いたため、28cのチューブレスにカスタム。ホイールもフルクラムのロードホイールに履き替えました。

IRCのFORMULA PRO TLR S-LIGHT良いタイヤです。こちら私も使用していますが、軽いし(28cで250g)、転がり抵抗も少なく、さらにグリップ性も確保。久しぶりに良いタイヤに巡り合えたなぁと思っています。しばらくはFORMULA PRO TLR S-LIGHTがメインタイヤとなりそうです。

FORMULA PRO TUBELESS READY S-LIGHT:参考価格税抜7,500円

CANYON組み立てサービスをご利用いただきありがとうございます。良い感じで仕上がりました。

インターネットでユーザーさんに直販を行うスタイルのCANYON。そのためメンテナンスを受け付けてくれるショップは残念ながら多くはありません。ただCANYONのユーザーさんは非常に多く、最初の組み立てやその後のメンテナンスをお探しのユーザーさんは非常多いです。

CANYONは他メーカーと大きく構造が異なる自転車ではなく、プロショップのメカニックであれば基本的にメンテナンスは可能です。そのためVIKINGでは積極的にCANYONの組み立て、メンテナンスを行っていますので是非お問い合わせください。

関連記事:ネット販売のCANYON(キャニオン) 全ラインナップの組立て、メンテナンス承ります。

Twitter:@viking1484
Facebook:Viking The Maintenance

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする