FOCUS IZALCO MAX ヒルクライム決戦用にSRAM REDで軽量仕様に組み立て

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するロードバイクのメンテナンス、カスタマイズ専門店です。

今回はドイツのFOCUS(フォーカス)のIZALCO MAXのフレーム。同社のフラッグシップモデルであり、日本限定アッセンブルのフレームを組み立てをいただきました。

フラッグシップモデルIZALCO MAX の日本限定モデル

特徴的なカラーリングのため、好みは分かれるデザインですが、エアロ形状である通常モデルとは異なり、線が細い印象のためヒルクライムでの強さを感じさてくれる1台です。

SRAM RED 機械式とMAVICキシリウムプロカーボンのコンビ

順に組み立てていきます。

メインコンポーネントは「SRAM RED」。eTAPではなく機械式REDです。自動的にSRAM=eTAPのイメージになってしまったため機械式が非常に新鮮に感じると同時に、最後に機械式を組んだのはいつだろうかと考え込んでしまいました。結果、思い出せません・・・。

ホイールはMAVICキシリウムプロカーボン。ヒルクライムには最適な選択のひとつですね。今回はリムブレーキ仕様なので他にもMAVICであれば「R-SYS」も選択肢に入るだろうと思います。

WISHBONE セラミックBBでカスタム

BBはSRAM純正ではなく、WISHBONE(ウィッシュボーン)製のセラミックBBをお選びいただきました。

IZALCO MAX のBB規格はPF30。SRAM REDのクランクもそれに対応したBB30/PF30用クランクです。このクランクに対応するウィッシュボーンのセラミックBBは「PF30SLS」という型番。例えばREDのクランクがGXP仕様であれば用意するセラミックBBの型番も変わってきます。やっぱりBBの組み合わせは複雑ですね・・・。

またメカニック目線としてプレスフィット式のBBはその時々によってサクッと圧入できる時と入りがきついときがあります。今回はちょっときつめでした。

ヒルクライム決戦用の完成

完成しました。

今回はFOCUS IZALCO MAX にSRAM RED機械式とMAVICキシリウムプロカーボンのコンビネーションで非常に軽量に仕上がったヒルクライム決戦用が出来上がりました。

フレームセットからの組み付け料金、納期

VIKINGではロードバイクの組付け作業を随時承っています。フレーム、もしくはパーツのお持ち込みも歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

作業工賃:25,000円(税別)~ 
作業期間:1週間から10日

また、ロードバイク、MTB、ミニベロ、クロスバイク、シングルスピードなどジャンル問わずフルメンテナンス、オーバーホールを承りますので、お気軽にお問い合わせください。

それでは。

Twitter:@viking1484
Facebook:Viking The Maintenance

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。