こだわりが詰まったクロスバイク、センチュリオン・クロスラインをオーバーホール・フルメンテナンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

珍しい1台のご紹介。「センチュリオン クロスライン」

デフォルトはフラットバーのクロスバイクですが、以前VIKINGでドロップハンドル化、コンポーネント交換、ホイールカスタムを行っていただきました。ロードとMTBの相反するミックスコンポーネントのため、互換性がない組みあわせもありますが、多少の不具合もご理解いただいたうえで組み上げています。

今回はしばらく乗られたのでオーバーホール・フルメンテナンスをさせていただきリフレッシュしました。

ドロップハンドル化によりSTIレバーを導入。ST-R8020アルテグラグレードです。

ディスクブレーキはシマノXT。片側バンジョーホース採用もでる。2ピストン。

ホイールはDT SWISSの手組み。リムはRR411にハブは240Sと豪華な仕様。もちろんスポークもDT SWISSのバテッドです。

オーバーホールの料金と納期

ロードバイクのオーバーホール・フルメンテナンスの作業工賃は税別28,000円から。消耗品等の補修パーツは別途いただいています。作業期間は2週間ほどでお渡しいたします。作業料金は車種や仕様により異なりますので、ご不明な点等ありましたらお問い合わせください。お見積りも承っています。

リムブレーキ仕様工賃:税別28,000円~(消耗品パーツ別途料金)
ディスクブレーキ仕様工賃:税別33,000円~(消耗品パーツ別途料金)
作業期間:約2週間

ロードバイク、クロスバイク、シングルスピードなどフルメンテナンス、オーバーホールを承りますので、お気軽にお問い合わせください。

またメンテナンスに関して、こちらの記事も参考にしてみてください。フルメンテナンス、オーバーホール以外にもメンテナンスコースを設けています。

関連記事:自転車のメンテナンス 予算に合わせた3つのコースとは?

関連記事:メンテナンス記事一覧

それでは。

Twitter:@viking1484
Facebook:Viking The Maintenance

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。