無敵の回転効率と安定した変速性能 カンパニョーロCULTとカーボンドライビッグプーリーV3 PLUS

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するロードバイクのメンテナンス、カスタマイズ専門店です。

今回はコルナゴのV1-rのオーバーホールとカスタムをいただきました。V1-rはエアロロードを意識したフレームで、前後ダイレクトマウント式のブレーキを採用しています。フレームはあからさまなエアロ形状ではなく、“セミエアロ”といった感じですね。メインパーツはカンパニョーロ・コーラス。このコーラスを今回カスタムしていきました。

まずはパーツの分解から

オーバーホールはまず装着パーツを取り外し、洗浄、グリスアップへと続いていきます。特にヘッドパーツの周りはなかなか開けませんので、グリス枯渇や汚れが確実にあります。防水、防錆、潤滑をするためにグリスをしっかり塗り込みます。

画像はカンパニョーロ・ボーラワンのリアハブ内の洗浄後のパーツを並べてみました。ホイールメーカーによってハブ内のパーツ構造は異なりますが、カンパニョーロは比較的パーツ構成数が多い印象です。小さなパーツが多いのでDIYで行う場合は紛失にも注意が必要ですね。これからグリスアップをしながらハブに再組付けを行います。

カンパニョーロ・コーラスのクランクCULTベアリング化

オーバーホールと並行して承ったのが回転系のカスタムです。まず一つ目はコーラスのクランクのベアリングをセラミックベアリング「CULT」に交換。CULTはカンパニョーロ自慢の高回転効率を誇ります。また特殊工法によりグリスレスで使用でき、非常に高い耐久性のセラミックベアリングです。

関連記事:CULTにUSB カンパニョーロのベアリングのアップグレード承ります。

まずはじめに画像のように専用工具を使用し圧入されている旧ベアリングを抜き取ります。

旧ベアリングを取り外し、周りをクリーニングした状態です。これからCULTベアリングを圧入してきます。

専用工具を使用し、上からたたいて圧入完了です。

カーボンドライジャパンのフルセラミックビッグプーリーV3 PLUS

二つ目はリアディレイラーのカスタムです。もうお分かりだと思いますがビッグプーリー化ですね。今回は国内ブランドのカーボンドライジャパン(CDJ)のビッグプーリーキット「V3 PLUS」をお選びいただきました。上下プーリーは12×17T。もちろんフルセラミックです。

無敵の回転効率と安定した変速性能

完成しました。やっぱりビッグプーリーはインパクトありますね。

ビッグプーリー化した時の懸念材料は変速性能の低下ですが、今回全く問題なくコーラスの性能を十分に出せた格好です。

バーテープはスパカズのギャラクシーレッドを採用。ブラックとレッドを基調にした非常にまとまりのある1台に復活しました。

お渡し前の乗車チェックをさせていただいたのですが、クランクの回転が異次元のような軽さを感じました。特にCULTの影響は非常に大きいと思います。カンパニョーロしかできない専用のカスタムですので、スーパーレコード以外のウルトラトルククランクを使用しているユーザーさんは思い切ってCULTベアリング化に踏み切っても損はないはずです。

今回はCULTとビッグプーリーで無敵の回転効率と安定した変速性能が手に入ったため、非常に満足いただける結果になったと思います。

オーバーホールの料金と納期

ロードバイクのオーバーホール料金は税別30,000円からとなり、消耗品等の補修パーツは別途いただいています。作業期間は10日~2週間ほどでお渡しいたします。作業料金は車種や仕様により異なりますので、ご不明な点等ありましたらお問い合わせください。お見積りも承っています。

作業工賃:30,000円(税別)~ 消耗品パーツ別途料金
作業期間:10日から2週間

また、今回のようにオーバーホールのタイミングでビッグプーリー化等のカスタムもおすすめです。オーバーホールによって自転車がきれいによみがえりますので、新品パーツを装着するには非常に良いタイミングだと思います。

パーツの組付け工賃はオーバーホール時であれば追加でかかることは基本的にありません(※お持ち込みパーツがある場合や専用工具を使用する場合は別)。是非ご検討ください。

それでは

Twitter:@viking1484
Facebook:Viking The Maintenance

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする