エントリーロードバイクのカスタムはまずブレーキキャリパーからはじめよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するスポーツバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

エントリーグレードのロードバイクを購入されたユーザーさんにまずおすすめするカスタムのひとつがブレーキキャリパーの交換です。なぜならエントリーグレードはコスパを上げるために、コンポーネントの一部をオリジナルパーツかもしくはグレードダウンさせたパーツを組み込むことがあるからです。

そのターゲットになるのがブレーキキャリパーなわけです。でもブレーキって自転車の中で最重要パーツのひとつだと思うんです。それがコストダウンの対象になるのは不安すぎますね。

シマノなら105以上、できればアルテグラが理想

今回LOOKの完成車に取り付けられていたのが左のBR-R561。シマノのグループ外コンポーネントのブレーキです。これを右のアルテグラR8000にカスタムしました。BR-R561は形状的にティアグラやソラグレードのカートリッジシュータイプです。アルテグラR8000にすることで間違いなく制動力、コントロール性が安定します。

カスタムするモデルは105以上のグレードが望ましく、理想的はアルテグラだと思います。もちろんデュラエースでも構いませんが、価格とコンポーネントのバランスを考えたらアルテグラでしょう。

LOOKほどのメーカーになるとシマノならアルテグラ以上を付けてあげたいと思うのは私だけじゃないはず。アルテグラR8000のブレーキキャリパーは前後セットで14,000円くらいです。ケーブルの交換が不要であれば、VIKINGでは工賃2,000円ちょっとでできます。

落車や事故の可能性を限りなく減らすために、信頼できるブレーキを装着しませんか?

Twitter:@viking1484
Facebook:Viking The Maintenance

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。