ヘッドパーツと言えばクリスキング。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。西新宿の自転車メンテナンス、カスタマイズ、出張修理専門サービスのVIKING the MAINTENANCE です。

ヘッドパーツと言えばクリスキング。今回はそんな話題です。

ロードバイクのユーザーさんには、ヘッドパーツと言われてもちょっとピンと来ないかもしれません。なぜなら最近のカーボンロードバイクのフレームセットや完成車にはヘッドパーツもセットになっており、敢えてこだわって選ぶ必要がないからです。

しかし、一度購入したフレームをできるだけ長く使い続けたい、一生乗り続けられるオリジナルのフレームをオーダーしたいなど、愛着を持って自転車を使い続けたいと思っているユーザーさんは、一度ヘッドパーツにもこだわって見てはどうでしょうか?

愛着を持った自転車を長く使い続けるには、それなりのスペックが重要となります。コンポーネントをはじめホイール、ペダルなど高いグレードを選ぶことで性能や耐久性が増す傾向にあるからです。

そして、ヘッドパーツも同様に自転車のその後が大きく左右されるといっても過言ではない重要なパーツです。

ヘッドパーツの王様、クリスキング

king-1
Chiris King NoThreadSet 1 1/8
参考価格:20,000円(税別)

では、どのようなヘッドパーツを選べば良いかという疑問が出てくると思いますが、「購入したフレームをできるだけ長く使い続けたい、一生乗り続けられるオリジナルのフレームをオーダーしたい」ということを踏まえると、Chris King(クリスキング)が間違いない最良の選択だと思います。

またカーボンフレームに多い、ベアリングと上下の玉押しだけのヘッドパーツと違い、クリスキングのヘッドパーツはフレームに圧入することでヘッド周りの安定感と強度アップが見込まれます。

もちろんベアリングの回転性能に関しても非常に高い性能を持っています。

クリスキングはアルミ、スチール、チタン等の金属系のフレームに非常にマッチするので、前述の通り「一生乗り続けられるオリジナルのフレーム」には非常におすすめなのです。

さらに、クリスキングは自転車パーツに詳しいユーザーさんにも一目置かれる存在なので、カスタムの際は検討の余地ありですよ!

クリスキングは様々なフレームのヘッド規格に対応できるラインナップを抱えているので、自分の規格に合うのかなどお問い合わせ頂ければおすすめのクリスキングをご紹介させていただきます!

もちろん圧入作業も承りますので、遠慮なくお申し付けください。

クリスキング公式HP:https://www.chrisking.com/

それでは

Sponsered Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。