衝撃吸収機能SATを搭載「ラピエール パルシウムSL 600」オーバーホール・フルメンテナンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するロードバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

今回はフレンチブランド、ラピエールのロングライド、エンデュランス向けフレーム「パルシウムSL 600」のオーバーホール・フルメンテナンスをさせていただきました。

ガラスコーティングで光沢倍増

フレームからパーツをすべて分解し、フレーム単体にしてからガラスコーティングを施工。

普段からすごく丁寧に乗られていたので傷も少なく、光沢がさらに倍増した美しさとなりました。

BB周りなどチューブの集合部は特に美しさが際立ちますね。

ラピエール パルシウムSLシリーズは振動吸収性を高めるため、トップチュ―ブ、シートチューブ間にエラストマーダンパーを設置。シートステー、トップチューブでのバネのような動きを促し、エラストマーダンパー本体が衝撃をいなす事で高い快適性をもたらしています。

これをラピエールではSAT(SHOCK ABSORPTION TECHNOLOGY)と命名。パルシウムSLには不可欠な機能です。

メインコンポーネントはアルテグラ6800

リフレッシュ完了!

メインコンポーネントはシマノ・アルテグラ6800シリーズ。ホイールはMAVIC アクシウム。ホイールは今後のカスタム次第でバイクの性能が大きくアップすることでしょう。

バーテープはVIKINGで一番人気のシクロベーション。FUSION LETHER TOUCH のブラックです。

オーバーホールの料金と納期

作業料金は税別25,000円からとなり、消耗品等の補修パーツは別途いただいています。作業期間は2週間ほどでお渡しいたします。作業料金は車種や仕様により異なりますので、ご不明な点等ありましたらお問い合わせください。お見積りも承っています。

作業工賃:25,000円(税別)~ 消耗品パーツ別途料金
作業期間:約2週間

ロードバイク、クロスバイク、シングルスピードなどフルメンテナンス、オーバーホールを承りますので、お気軽にお問い合わせください。

またメンテナンスに関して、こちらの記事も参考にしてみてください。フルメンテナンス、オーバーホール以外にもメンテナンスコースを設けています。

関連記事:自転車のメンテナンス 予算に合わせた3つのコースとは?

関連記事:メンテナンス記事一覧

それでは。

Twitter:@viking1484
Facebook:Viking The Maintenance

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。