西新宿の自転車修理、メンテナンス、カスタマイズ専門サービス VIKING the MAINTENANCE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

cropped-cropped-cropped-ete-2.png

ロードバイクをはじめとしたスポーツ自転車の修理、メンテナンス、カスタマイズを承ります

VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するスポーツバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。路面店ではなく、インターネットを通じてお申込み、ご相談をいただき、お一人ずつ丁寧にご対応いたします。

特にスポーツバイクを購入したばかりで修理やメンテナンスをどのように相談していいかわからない方大歓迎です。お店では聞きにくい事でもお問い合わせ頂ければ、しっかりお答えします。

ゴールデンウィーク期間中のお休み

4月22日(日)16時より営業開始
4月29日(祝)お休み

5月3日(祝)お休み
5月6日(日)お休み

以上の3日間のお休みと営業時間変更のスケージュールになります。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

作業のご依頼はホームページやFACEBOOKなどインターネットから

VIKING the MAINTENANCEではお持ち込みの日時を事前にご予約いただき作業いたします。以下の「Tech Order」もしくはお問い合わせページより、自転車のタイプや希望日等をお選びいただき送信ください。

お申し込み、お問い合わせはこちらから。ご指定の場所へピックアップも可能です。VIKING the MAINTENANCE の詳しい業務内容はこちらもご覧ください。

パーツのお持ち込みも可能

他店で購入されたパーツのお持ち込み作業も喜んで承ります。今やインターネットを利用すればお得にフレームやパーツが入手できる時代です。当店で購入したものでなければ作業しないということはありませんのでご安心ください。

ご自宅や指定場所へピックアップ

車体が故障して自力で持って行くのが困難な場合や、取り付けたいパーツが多く大変な場合などは、是非ピックアップサービスをお利用ください。23区内であれば1回1,000円でピックアップにお伺いします。

VIKING the MAINTENANCE の詳しい業務内容はこちらもご覧ください。

年に1度は行いたいオーバーホール、フルメンテナンス

毎週末乗る方や、年間1,000km以上走る方は必ず行っておきたいのがオーバーホールです。パーツを一つひとつ分解、洗浄し再度組付けを行うので、新車購入時のようなパーツの動きを再現することができます。このページではオーバーホールの金額、納期に加えて作業内容を詳しくご紹介しています。

オーバーホールを含めたいくつかのメンテナンスプランを紹介しています。定期的に行うべベーシックなメンテナンスやワイヤーケーブルをセットにしたメンテナンスプランなど是非ご覧ください。

LINK:オーバーホール関連記事一覧

bro

UKメイドの人気小径車「Brompton」(ブロンプトン)のオーバーホールやカスタムが人気です。Bromptonは内装ギアを採用するなど、ロードバイクやクロスバイクとは異なった仕様が多々あります。

ドロップハンドルの特徴と選び方を解説

toppage

ロードバイクの特徴は何と言ってもドロップハンドル。初めて握るときはちょっと不安に思うかもしれませんが、特徴や選び方を理解すると非常に使いやすいハンドルということがわかるはずです。

VIKINGおすすめのアルミ製高性能ホイール

軽量で高性能なカーボンホイールが続々とリリースされていますが、アルミ製のホイールも負けていません。走る状況によってはカーボンホイールよりも向いている場合も多いのです。さらにコスパも高いので侮れません。

業界初のワイヤレスシフティングシステム「SRAM Red eTap」

業界初のワイヤレスでギアチェンジできるコンポーネントがRed eTapです。ケーブルを使用しないためほとんどのフレームにも装着できるのも大きなメリットです。

LINK:SRAM Red eTap 関連記事一覧

Q-ringsでスムーズなぺダリングを実現

スペイン発のコンポーネントメーカーROTORがリリースする楕円チェーンリング「Q-rings」は効率的にぺダリングができるアイテムです。結果的に無駄なぺダリングパワーを抑制するため、疲労の軽減につながります。

クロモリを使用したオリジナルのロードバイクをオーダーしませんか?

eq

東京・品川の工房でクロモリフレームを中心にハンドメイドでフレームを製作している「Equilibrium Cycleworks」(エクイリブリウム サイクルワークス)。クロモリ=クラシックではなく、クロモリ=最先端フレームと位置づけることで革新的デザインと技術力が特徴のブランドです。

LINK:エクイリブリウム サイクルワークス 関連記事一覧

Sponsered Link







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする