SRAM RED BB30用クランク交換とQファクター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。VIKING the MAINTENANCE(バイキング・ザ・メンテナンス)は西新宿を拠点に展開するスポーツバイクのメンテナンス、修理、カスタマイズ専門店です。

本日の作業はクランク交換。SRAM RED の52-36Tから同じくSRAM RED の50-34Tに変更です。SRAMはチェーンリング単体で販売していないため、歯数を小さくしたい場合はクランクごと交換になってしまうという融通が利かない一面もありますね。

正確にはフレームがスペシャライズドのS-WorksなのでBBは独自規格のOSBBですが、クランクはBB30用を使用します。取付は問題なく完了ですが、OSBBにスピンドルの短いBB30用のクランクを取り付けるとQファクターが狭くなってしまうのがすごく気になります。

今回のユーザーさんは女性で小柄な方なので問題ないかもしれませんが、一般的な体格の男性はこの組み合わせで乗るとポジションが出ない可能性が高いでしょう。これが近年BB30規格のフレームが激減している理由の大きなところです。

それでは。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。